1008.伊能忠敬の墓1010.石神不動滝

2013年11月08日

1009.小見川の善光寺

香取市小見川の善光寺には初代松本幸四郎の墓と腹切り様伝説の碑があります。

2697)香取市小見川の善光寺
DSCF2188

2698)
DSCF2189

2699)初代松本幸四郎の墓
DSCF2191
初代松本幸四郎の墓は千葉県指定史跡となっています。

2700)腹切り様之碑
DSCF2193

『安永年間(約二五〇年前)に小見川一の豪商で回船問屋平塚屋は内田藩1万石の御用商人であつた。
その一人娘弥生は、小見川小町と言われる程の美人で気立てのよい評判の娘であった。
ところが不治の病にかかり医薬をつくすも痩せ衰えていくばかりそんな時吉野屋という旅籠に泊まっていた江戸の医学生源之進が依頼される。もし病気が治れば望みは何でも聞きましょうと両親は確約した。治療に専念すること二ヶ月次第に食欲も出て回復し又、お互いに恋心を持つようになった。
そこに藩の勘定奉行の倅が横恋慕をして押しきり結局二人はかなわぬ恋に終わった。
まず源之進はが平塚家の墓前で割腹自殺をし、一足違いで来た弥生が喉をついて果てた。
折り重なって死んだ二人の死顔はじつに幸せそうであの世で晴れて夫婦になれた。
街の人達はこの墓を「腹切り様」と呼び特に花柳界の信仰はたいへんなもので線香の煙りが絶えなかった。そして石をけずって御守りにしたと言う。縁結び、厄除け等の願をかけると願いが叶うという伝説がある。平塚家では二人の供養のため山門を寄進し冥福を祈った。』




hobobousou at 00:55│Comments(0)TrackBack(0) 香取市 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
1008.伊能忠敬の墓1010.石神不動滝