君津市

2017年05月18日

1525.近江屋甚兵衛墓

人見神社の近くにある青蓮寺に近江屋甚兵衛墓がある。

4769)近江屋甚兵衛墓
170518-1

『甚兵衛は、明治3年(1766)江戸四谷に生れ、浅草海苔商人であったが、そのかたわら、海苔の養殖方法の研究をし河水の注ぐ遠浅の海にひびを立てれば、海苔の養殖は可能であるとの信念を持ち、江戸川、養老川、小櫃川の各河口の諸村で勧めたもののいずれも拒否された。
最後に小糸川河口のここ、旧人見村に至り、苦心の試作を重ねた結果、文政5年(1822)甚兵衛56歳にして海苔養殖に成功したといわれる。
沿岸の人々は、漸次この業の発展につとめ、先年までの盛況をみるに至った。
翁は、弘化元年(1844)79歳でこの地において没した。』

人見神社で海苔の養殖についての昔話を聞いたばかりでした。

4770)漁業権放棄記念碑(人見)
170518-2





hobobousou at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月15日

1524.人見神社の眺望

君津市の人見神社からの眺望はすばらしい。


4761)
170515-1

車で上まで行けるが、車を止めた後、わざわざ下まで降りてきました。
ここから急な階段をぐんぐん登っていかなければなりません。

4762)
170515-2

上まで登ってきました。

4763)
170515-3

4764)
170515-4

4765)
170515-5

4766)
170515-6

4767)工場も見えました
170515-7

4768)
170515-8





hobobousou at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月10日

1429.亀山湖畔公園

亀山ダムに行った時、亀山湖周辺にある小さな公園、湖畔公園に2ヶ所寄り、公園から見た亀山湖を撮った写真です。

4361)
161010-1

4362)
161010-2

4363)
161010-3

4364)
161010-4

4365)
161010-5





hobobousou at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月01日

1290.笹川湖のヅウタ橋

君津市の笹川湖のヅウタ橋。

笹川湖畔はなかなか紅葉がきれいな所だと思います。
行ったのは10月下旬なんでまだまだ紅葉には早すぎる時季でした。

3808)片倉ダム
151028-1

笹川湖をつくる片倉ダムはとても奇麗でカッコイイダムです。
ここに車を止めて、宮ノ下ピクニック園地を歩いていきました。

3809)宮ノ下ピクニック園地
151028-2

もうちょっと進みます。
笹川湖ハイキングマップによると、ヅウタ親水公園というのがあるけど、ヅウタ橋は星の広場のほうにあります。

3810)ヅウタ橋
151028-3

吊り橋みたいな形をしたコンクリートの橋です。

3811)
151028-4

この先の星の広場はただの広場です。

3812)
151028-5

3813)
151028-6




hobobousou at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月08日

1182.殿の下井戸

君津市の山本地区にはいくつか自噴井戸があり、いづれも地元住民によって大切に管理されています。

3397)殿の下井戸
141208-1

3398)
141208-2

『ゴルフ場開発問題が発生した昭和六十年頃、十四町歩余の水田を潤していた市の沢の水源不足の発生と農業環境破壊に危機感を抱いたここ山本の住民は、水源対策として地元に井戸を掘ることを決断しました。
約千五百万円の事業費をかけた山本地区五ヶ所の井戸を昭和六十二年にさく井業者に委託し完成しました。
井戸には、水天宮(水神様)が祭られており、自然の恵みに対する地元住民の感謝の気持ちが表わされています。
さく井後、三年程で生活用水として利用され始め、水質検査も実施され現在では地元約五十戸の生活に無くてはならない存在となっています。
各井戸は、それぞれ周辺住民で「殿の下井戸組合」を組織し、普段の給水ポンプの管理・補修・維持等にあたっています。
この井戸水は、地元の生活用水や農業用水として利用されている貴重な湧水となっています。』



hobobousou at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)