勝浦市

2017年02月25日

1498.かつうらビッグひな祭り~勝浦芸術文化交流センター~

勝浦ビッグひな祭りに行ってきました。6年ぶりくらいです。

4644)今回は市役所近くの勝浦芸術文化交流センター。
170225-1

芸術文化交流センターの駐車場に止めようと思ったら、土日は止められません。
守谷海岸(7キロも先)に車を止めてシャトルバスに乗りました。
バスは面倒だと思ってたけど、どんどんバスが入ってきて、ひな祭り見物にはとっても便利です。無料だし。

4645)たくさんあって、圧巻です
170225-2

4646)
170225-3

4647)一人だけよそ見してカメラ目線。ちゃんと前向かなくていいの?
170225-4

4648)
170225-5

4649)
170225-6

4650)美人を一生懸命探しました。
170225-7

4651)日本最大の享保雛
170225-8

かつうらビッグひな祭り、ひとつひとつの人形は大したものではないのに、集まるとすごい集客力です。




hobobousou at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月15日

1387.サンドライブイン跡地

御宿町と勝浦市の境目あたり、
心霊スポットとしても知られるサンドライブイン跡地。
今は更地となっていて何も残っていません。

4205)
160615-1

ドライブインはなくなってもバス停の名はサンドライブイン前となっています。

4206)
160615-2

断崖ギリギリにドライブインがあったと思われます。

4207)
160615-3

下に降りる階段があります。

4208)
160615-4

4209)
160615-5

途中にある、堂の上薬師堂

4210)お堂の中
160615-6

4211)
160615-7

4212)下まで降りました
160615-8

4213)
160615-9

降りてきた階段を見上げて思いだしました。

私の父は房総方面のドライブが好きで、小さい頃、わたしもよく来ていました。
その頃、ここのドライブインに寄ったかも知れません。
確かにこの見上げた階段に見覚えが。



hobobousou at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月22日

1146.旧鳴海荘跡地

勝浦市の旧鳴海荘跡地には与謝野晶子の歌碑があります。

3257)旧鳴海荘跡地
140822-2

ただ、駐車場があるだけで特に何もありません。
鳴海荘が何なのかは知りません。
津波避難所とはなっていますが、それだけのためとは思えない整備状況。

何もないと言いましたが、与謝野晶子の歌碑があります。

3258)与謝野晶子の歌碑
140822-1

市のホームページによると、勝浦の海を詠ったような内容なので、ここに建っている意味もありそうです。

何もないと言いましたが、景色がけっこういい。

3259)
140822-3

3260)
140822-4

景色や石碑もあることだし、桜の木やつつじでも植えて東屋にベンチでもあれば立派に公園です。



hobobousou at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月20日

1144.勝浦の本行寺

勝浦の本行寺には日蓮上人の歯が納められている釈迦堂や松尾芭蕉の句碑があります。

市営の無料駐車場に車を止めて、朝市が行われている通りを通ってビックひなまつりメイン会場となる遠見岬神社の石段のすぐそばです。

3245)顔出し看板
140820-1

3246)本行寺本堂
140820-2

3247)
140820-3

3248)右側が松尾芭蕉句碑
140820-4

3249)釈迦堂
140820-7

3250)
140820-6

3251)
140820-5




hobobousou at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月26日

1032.覚翁寺

勝浦市の覚翁寺は勝浦藩主の植村家の菩提寺です。
寛永11年(1634年)勝浦城主植村泰勝が死去した時、勝浦城内にあった浄林寺をここに移し、泰勝の幼名覚翁丸をとって出水山覚翁寺としたという。

2787)
DSCF2426

以前、ビッグひなまつりの時に来たことがあるお寺です。

2788)
DSCF2438

2789)
DSCF2437
水がちょろちょろ出てたけど、ここが茶水が湧き出すというやつでしょうか。
別名茶水寺ともいわれているとか。

2790)植村氏歴代の墓。宝筺印塔(ほうきょういんとう)
DSCF2431

この裏に山に登る道があったので登ってみることにしました。

2791)
DSCF2435

どこまで続くか分からないし、その先に何があるのかも分からないまま登っていきます。

2792)
DSCF2436

2793)忠霊塔
DSCF2434

コンクリートや石がかなりずれちゃって荒れた状態。
でも、地面は掃除など手が入っているようでした。



hobobousou at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)