白子町

2017年02月21日

1497.しらこ桜祭り

白子町には、河津桜がたくさん咲いています。

中里海岸の駐車場に車を止めて、見に行ったが、風が強くてお客さんも売店の人も可哀そうなようでした。

4640)白子町の河津桜
170221-1

4641)
170221-3

4642)
170221-4

4643)遊歩道
170221-5

遊歩道沿いにも河津桜が植えられていたが、木が小さくて、あまり咲いていませんでした。
よく咲いているのは県道沿いでした。




hobobousou at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月17日

1369.ウミガメの丘

白子町の九十九里海岸、剃金海岸にある自然公園に白蛇白亀伝説のウミガメの丘がある。

4140)ウミガメの丘
160517-1

以前にもこの丘の写真は載せているが、「ウミガメの丘」の看板はなかったように思います。
見逃していただけかもしれません。

4141)
160517-2

『白蛇白亀伝説の地
平安時代後期の1126年、八斗村の吉左衛門という者が海岸で潮汲みをしていると南の沖から白蛇を背に乗せた白亀が現れた。
不思議に思い「神ならばこの柄杓にお登りあれ」と持っていた柄杓を差し出すと登り始めたという。
これを祀った白子神社がこの地の西に鎮座し白子町の町名の由来にもなっている。
自然環境に恵まれたこの海岸に現在もウミガメが産卵に訪れる。
長寿の象徴ともされる亀、弛みなく打ち寄せる波と水平線から昇る太陽、数々の伝説や神話が伝えられるこの地には神秘的な生命の息吹が感じられる。』

4142)丘から見た砂浜
160517-3

砂浜に杭が打たれていた。ここが保護地なのでしょうか。

海岸に降りてみました。

4143)
160517-4




hobobousou at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月15日

1367.白子神社

白子町の白子神社。

4130)
160515-1

参道から社殿のほうに向かって社殿の真上に北極星が輝く配置になっているのだそうです。

4131)社殿
160515-2

4132)御神木
160515-3

御神木はいくつもあったが、やはり大きな公孫樹の木が立派でした。

4133)面足神社
160515-4

面足神社とかいておもだるじんじゃと読むらしい。
「イケメンさま」とも書かれていた。
ここにお参りすれば美男美女になれる。

4134)この風車はなんでしょうかね。
160515-6

4135)本殿
160515-7

4136)撫で蛇さま
160515-8

4137)
160515-9




hobobousou at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月03日

1068.白子町福島地区の菜の花

白子町福島地区の菜の花は地元の農家などでつくる福島環境保全組合の方々が早場米の栽培の合間に植えたものです。

2912)
DSCF2687

ご自由にお摘みくださいと書かれています。
偶然にもナバナは先日スーパーで買ったばかりなので、お仏壇用に少しいただきました。

2913)
DSCF2682

2914)
DSCF2684

2915)
DSCF2686



hobobousou at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月24日

897.白子自然公園

白子町、南白亀川の河口の両側に白子自然公園がある。

2180)白子自然公園の築山
DSCF1042
築山があったので向かってみる。

2181)築山の頂上から海岸をのぞむ
DSCF1037

2182)ダンゴ虫?のうんてい
DSCF1038

2183)地中海の古代遺跡を連想するような休憩所
DSCF1040

2184)チリー津波の碑
DSCF1044
地球の反対側で起きた地震の津波がここまで来るんですからすごいですね。

このそばには以前に南白亀川遊歩道の記事ですでにアップしている地引網発祥の地の記念碑があります。



hobobousou at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)